渋谷駅東口徒歩4分・明治通り沿い・JRAウインズ渋谷、渋谷並木橋すぐ|ハピュアデンタルクリニック渋谷

ハピュアデンタルクリニック渋谷
  • 診療時間10:00~13:00 14:00~19:30
  • 休診日木曜日・日曜日・祝祭日
  • お問い合わせメール24時間受付可能

症状から探す

虫歯や歯周病になりにくい素材で治療したい

保険治療で使用する素材は症状を食い止めるだけで、新たな疾病の予防は出来ません。
例えば虫歯に詰めるプラスティックは吸水性が一番の問題です。お口に入った瞬間から汚れを吸着し変色していきますし、臭いの原因にもなります。銀歯のような金属の詰めものはもともと熱で加工して作る材料なので、食べ物の温度変化により伸び縮みします。奥歯のように大きな力がかかる場所に使用すると当然変形します。成人の虫歯の大半が『二次齲蝕』といって一度治療した箇所が再び虫歯にかかってしまう傾向にあるのですが、保険治療で治療したものは大なり小なりその可能性を含んでいると考えて良いでしょう。『予防』という観点から考えると、汚れが付きにくく変形しづらい材質を選択すべきです。

保険診療と自由診療の違い

歯科診療には、治療内容、治療法、使用する材料によって、健康保険が適用される「保険診療」と適用されない「自由診療」とがあります。「保険治療」の場合、患者様のご負担は0〜3割となりますが、「自由診療」の場合には、全額負担となります。

保険治療について

保険診療とは、国で定められた治療法(または材料)の場合に適用される診療です。疾病に対する保険であり、予防措置には適用されません。また、高度な技術を要する治療法もしくは高額な材料を使用する治療法は、保険適用外になります。その他に注意すべき点として、同じ治療法でも使用される材料によって、保険適用の可否が変わることがあります。


当院では事前に治療方法についてのご説明と、確認を行っておりますので、安心して治療をお受けいただけます。